家づくり老後対策してますか?

みなさんは自分の老後をイメージして、その対策を取った家づくりを考えていますか?

今の生活に沿った仕事のしやすさ、子育て、使いやすい動線が良い!というのはもちろん大切なことなのですが、誰でも年を重ねて老後を迎えます、その時の準備も合わせてしておくと20~30年後にも建ててよかったなと思える家づくりになります。

そこで今回は新築を建てるときにやっておくべき老後対策6つのポイントをご紹介します。

生涯にわたって住みやすい家はどういうものなのか?など参考にすることが出来ますので、是非最後までご覧くださいね。


●老後を見据えた間取りを考えることが大切な理由

生活資金不安...医療費や生活費が増加傾向、年金支給額減少の恐れなど生活資金が不安定。

ローン破産危惧...変動金利ローンの場合は金利次第で老後にしわ寄せがくる可能性がある。

体調変化...階段の上り下り、家事など思うように自由に動けなくなる体の衰えがおきる。


その時になったらリフォームすればいいだろう。もちろんそれも1つの方法ではありますが、
家は建ててからも外壁や屋根などメンテナンス個所に出費が必要です。
リタイア後に多くの費用をリフォームに使ってしまうのって・・・いかがですか?!

将来的にこうやって使いたいから「今の間取りはこうしておこう」とか「ここにはもう少しスペースを取っておこう」など
リフォームするにしても簡単に済ますことができるように考えていきましょう!


●老後も使いやすいお家のポイントは6つ!

1.将来、寝室は一階につくるようにする
2.水回りをまとめた間取りにする
3.一階の収納を充実させる
4.洗濯物を干せる場所を一階にも確保する
5.廊下を通りやすくする
6.平屋で建てることも検討する


暮らしやすさを大きく左右する大切なポイントです!
後から直そうと思っても費用や時間がかかり、なかなか実行できないところでもあります。

それでは1つずつ解説して行きますね。

1.将来、寝室は一階につくるようにする

年を重ねるとだんだん階段の上り下りが大変になりそうなのは想像できますよね。
一階だけでひと通りの生活ができるようにしておくと、老後がとても楽に生活できます。
ですが予算の都合で一階にそれほどの広さが取れない又は部屋数的に二階もフル活用ってこともあると思います。
将来的には1階へ移行できるスペースを確保することを考慮してみましょう!
例えば一階のリビングを少し大きめに作って、四畳半ぐらいに仕切れるようにしておくなど少しの工夫でコンパクトな寝室を作ることもできますよ。


2.水回りをまとめた間取りにしてみる

水回りとは主にキッチンや洗面、トイレ、お風呂などのことですね。
これらをできるだけ近くに配置すると家事動線が短くなり、家事の負担を減らすことが出来ます。
移動を最小限にすることができるので今も将来もお身体への負担を軽減できますね。
もし一階に寝室を設ける場合には、できるだけ寝室の近くにトイレを配置するよう意識しましょう。将来トイレが近くなったときにも便利です。
年を重ねても多くの方は出来ることはご自分でやろうと思っていますし、実際にそうしている方が大半です。
ですから「水回りをまとめておく」というのは建ててすぐの生活だけじゃなくて、自分の将来への配慮にもなります。


3.一階の収納を充実させる

二階建ての場合、家族全員、各々の用途を考えると収納が二階に集中することが多く一階の収納はおろそかになりがちです。
将来、一階でも生活できるようにお布団とか洋服の収納なども意識して収納スペースを確保する工夫が必要です。
一階に収納を多めにつくったからと言って、若いうちに収納をパンパンにしてしまうと・・・((+_+))
余裕を保ちつつ、こまめな断捨離で過ごしやすい生活空間を想像してみてくださいね!


4.洗濯物を干せる場所を一階に確保すること

どこで洗濯物を干すか。とても大切です。
例えば、一階にランドリールームを作ったり、乾燥機を設置したり、干せる省スペースを用意したり・・・。
防犯面で二階にしか干したくないという方も、二階に上がるのがおっくうになる時がくることを考慮して干す場所を考えてみてくださいね。
正直「将来のイメージかー・・・(@_@。」と思いますよね。抽象的なイメージでも具体化するのが住宅会社さんの力の見せ所でもありますので、
こんな感じかなー程度でも、伝えてみるといいかと思います!


5.廊下を通りやすくすること

通りやすくといっても、特別に幅を広ーくするまでは必要ありません。
できるだけ廊下にモノを置かなくて済むような収納計画、廊下をあまり作らない間取りなどに工夫するだけでも充分だったりします。
廊下を広くすると建物面積も多くなってしまいます=建築費UPです。
一般的な日本製の車いすなら普通の廊下幅でも通ることができますから、もし必要性を感じなければ廊下を作らないような間取りにしてみるといった具合で、
万が一、車椅子の生活になっても不自由のない生活ができるように工夫してみましょう。


6.平屋も検討してみるといいかも

これは当たり前ですが、平屋の場合は元から寝室も洗濯物を干すのも収納関係も全て一階にあるので、老後対策だけで考えるなら一番理想的なお家です。
老後だけじゃなく若い時の生活でも上下階への移動がなく、家族を近くに感じコミュニケーションを取りやすいといったメリットもあります。
だからこそなんですかね?デザインもそうですが、今平屋はとても人気になっています。
平屋は高い!というイメージあるかと思いますが、平屋と二階建てのお家、コストがかかる部分に違いがあります。
どうせ高いんじゃない?と諦めないで費用面も合わせて住宅会社さんへご相談いただくのが一番かなと思います。
他にも引き戸を採用する、ポーチの段差は低めにする、スロープや手すり、開閉動作にかかわる窓の高さや重さなど、細かいところまであげるとキリがないですね・・・(;^ω^)
とにかく思いついたことは、どんどん思い切って住宅会社さんに相談です!


<まとめ>

家を建てたらマイホームを終の棲家として暮らしてゆきたいですよね。
当たり前にライフスタイルは変化していきますし、年齢とともに体力も落ちスムーズに行動できなくなっていきます。
そうなったら・・・どうしようかな?とおおまかにでも構いません、想像してみてください。


残念ながら近い将来、年金が減額されるうえ、医療費など高齢者への負担も増えていくと予想され、老後資金が不安定な時代を迎えてしまいそうです。
老後生活を想像して備えられる設備や間取りであれば、多くの費用をリフォームに使わずに、小さなリフォーム工事だけで済むかもしれないですね。
家づくりを考える時は、老後のことも視野に入れていただくと後々の後悔や費用負担を減らせるのではないかなと思います。


ノリアホームへもお気軽にご相談くださいね!
最後までお読みいただきありがとうございました!


NORIA6月号!

長野県中野市・長野市・須坂市・飯山市で新築・注文住宅の施工、監理・リフォーム・リノベーションを行っている地元工務店

NORIA HOME(ノリアホーム)スタッフ小林です(*^-^*)

梅雨を迎え、いよいよ夏がやってくる!っていう暑さになってきました。
朝晩の気温差がなくなってきたのはいいのですが
冷房病、室内外の気温差にご注意くださいね!
体調を整えてさらなる猛暑に備えましょうね!

それではNORIA6月号をお楽しみください!

NORIA6月号-1

NORIA6月号-2

家を建てるタイミング4つのポイント~④お金がたまった時+大切なこと

【家を建てるタイミング~知っておくべき4つのコト+α】

①お子様が幼稚園や小学校に上がる前
②アパートなど賃貸契約の更新の時
③希望の土地が見つかった時
④貯金がたまった時+大切なこと

今回は<④貯金がたまった時+大切なこと>をお話していきます!

④貯金がたまった時+大切なこと

それはそうよね。当たり前だよね。と思う方もいると思います。やはりある程度、自己資金を多くして借入額を少なくしたいという方は、1つの方法でもあります。

まずは自身の生活やライフスタイルなどを加味した上での資金計画やライフプランニングをして自己資金をローンの足しにするかしないかを判断された方がいいと思います。

家を建てる、土地を買う、ということには販売価格以外にも様々な費用が掛かってきます。
ある程度の自己資金を用意しておかないと建物や土地に十分な予算を回せなくなってしまう可能性もあります。

様々な費用というのは、「諸費用」「諸経費」と言われるもので、人によって額が違います。

少ない方でも150万円ほど、多い方で500万円ぐらい掛かってしまったり・・・あとからびっくりすることのないよう、ある程度の自己資金を事前に用意しておくことがお勧めです。

土地から探して建物も注文住宅で頭金(自己資金)ゼロでも大丈夫ですよ~。というのはケースバイケースです。個人の収入にもよりますし、建てる土地にもよります。一概には言えないことですのでご注意くださいね。

1つ大切なことは、家づくりを進めていくスピード感は住宅会社によって全く違うということです。
打ち合わせや工事期間など様々なことを行なわなければいけない家づくりですが、早い会社はどんどん早くいきますが、打ち合わせからお家の引渡しまで1年以上かけていく会社も普通に存在します。
せっかくタイミングを意識しても住宅会社によっては、まったく予測通りにならなかったりするので、しっかり色々な住宅会社を見て自分に合った会社を見つけてくださいね。
だいたい自分たちが建てたいタイミングの1~2年ぐらい前から少しずつ始めるようにしておくとスムーズに進んでいけるのではないかと思います。


最後に、家の建て時は、家を建てようと思った時!でありますが、もっとも大事なことは自分たちが建てたい家、建てるにあたり抱いている疑問や不安を、わかりやすく簡潔に伝えてくれる住宅会社さんと出会えたらそれもタイミングです。

建てるのは家ですが、建つまでの過程は全てにおいて人が関わってきます。

・お客様が抱いている疑問や不安をしっかり解消してくれる
・性能や工法をしっかりと理解している
・プロ目線だけでなく、お客様の想いも加味した提案をしてくれる

SNSなどではさまざまな事が個人の見解として書かれていますが、上記の3点は絶対に抑えておいた方が良い点かなと思います。

****** まとめ ******  

家を建てるタイミングとポイント
●お子様が幼稚園や小学校に上がる前
●アパートなど賃貸契約の更新の時
●希望の土地が見つかった時
●貯金がたまった時
●信頼できる住宅会社と出会えた時
・お客様が抱いている疑問や不安をしっかり解消してくれる
・性能や工法をしっかりと理解している
・プロ目線だけでなく、お客様の想いも加味した提案をしてくれる
●住宅会社によって進むスピード感が違う
●家を建てたい1~2年前から準備をスタートする


皆様の幸せな家づくりを全力で応援します♪<家を建てるタイミング>ぜひ参考になさってください!すてきなマイホームづくりが叶いますように☆


ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

NORIA5月号

長野県中野市・長野市・須坂市・飯山市で新築・注文住宅の施工、監理・リフォーム・リノベーションを行っている地元工務店

NORIA HOME(ノリアホーム)スタッフ小林です(*^-^*)

中野ばらまつりが始まりましたね!
一本木公園までの道もバラが咲き
この時期の市街地はバラに包まれますねー!
例年よりもまつり規模を控え目にしている様子ではありますが
さんぽがてら花や緑を楽しんでくださいね!

UP遅くなってしまいましたがNORIA5月号をお届けします!

NORIA5月号-1

NORIA5月号-2


ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

家を建てるタイミング4つのポイント ~ ③希望の土地に巡り合えたとき

NORIA HOME(ノリアホーム)スタッフ小林です(*^-^*)

【家を建てるタイミング~知っておくべき4つのコト+α】

①お子様が幼稚園や小学校に上がる前
②アパートなど賃貸契約の更新の時
③希望の土地が見つかった時
④貯金がたまった時+大切なこと

今回は<③希望の土地が見つかった時>をお話していきます!


③希望の土地に巡り合えたとき

ズバリ「土地は同じものが2つとありません」

希望の土地に巡り合えた時はいいタイミングと言えます。
なぜなら土地は非常に競争率が高く、すぐ他の方に購入されてしまうケースも非常に多いので、早い段階での決断が望ましいからです。

ポイントは許容範囲を自分の中で持ってもらい、ある程度の条件を満たしたら即座に決定することです。

もちろん一生暮らしていく土地になりますし、買いなおしがきくほど安い買い物ではないので難しい決断ではあります。
ですが、100%希望通りの土地が出てくるかどうかは、0%に近いのが現実です。

例えば、希望の条件を7割満たした土地を見つけたけど、「まだ良いのが出てくるかもしれない」「もうちょっと待ってみよう」と見逃したとしましょう。

今まで以上の土地が出てくるかどうかは神のみぞ知ることです。

出てこないかもしれないし、でてくるかもしれない。
結局最初に見つけた土地よりも希望条件を満たしていないもの買うことになった。。。

よくある、家を建てた人の後悔ポイント!!というアンケートの上位に位置する常連の1つでもあります。

買えばよかった!買わなきゃよかった!そうならない為にも全ての条件が当てはまったら決めるのではなく、
アレとコレは絶対!!など、ある程度の許容範囲を用意して

「自分たちの基準を決めておくこと」が大切です。

そのためになるべく多くの土地を見たり、住宅会社もある程度回って話を聞いておくといいでしょう。

実際、希望に限りなく近い良い土地を目の前にしても迷って買うことが出来ず、他の人に買われて逃してしまうというパターンが非常に多いです。
良い土地を買って家を建てるタイミングを逃さないためには、色々な土地を見たり、適切なアドバイスをくれる住宅会社に出会っておくことが重要です。

後悔しない為にぜひ参考にしてくださいね。

次回は最後の<④お金がたまった時+大切なこと>をご紹介します!




ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/


家を建てるタイミング4つのポイント ~ ②アパートなど賃貸契約の更新の時

NORIA HOME(ノリアホーム)スタッフ小林です(*^-^*)

【家を建てるタイミング~知っておくべき4つのコト+α】

①お子様が幼稚園や小学校に上がる前
②アパートなど賃貸契約の更新の時
③希望の土地が見つかった時
④貯金がたまった時+大切なこと

今回は<②アパートなど賃貸契約の更新の時>をお話していきます!


②アパートなど賃貸契約の更新の時

アパートやマンションなどの賃貸契約は2年が一般的です。

契約更新をすると、不動産会社に更新料を支払う、追加の礼金の支払いなどといった可能性があり、もったいないと感じる人も多い為、賃貸の更新に合わせて家を建てて引っ越したいと考える人が多いのです。

「社宅に住んでるし」「会社から家賃の半額の補助が出てるから急がなくても良いかな」
という方もいますが、
もちろん家賃は自分の資産になるわけではありません。

目先の金額は安いかもしれないですが、将来的に考えたら〇十万円~〇百万円などの大金になってしまいますよね。
補助なしに満額の家賃を払っているなら、なおさらです。

今は低金利の時代です。

住宅ローンで借りる金額によっては、本当に家賃と変わらない支払いで家を建てることができますので、早めに建てておいて無駄にはなりません。

余計な出費を抑えたいと思う人にとっては、家賃の出費も踏まえて、アパート更新の時期もタイミングの選択肢に入れてもらえると良いかなと思います。

次回は<③希望の土地が見つかった時>をお話していきます!








①お子様が幼稚園や小学校に上がる前の解説はコチラから~



ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

家を建てるタイミング4つのポイント ~ ①お子様の入園、就学前

中野市地域密着工務店ノリアホームスタッフ小林です(*^-^*)

みなさんは
家はいつ建てるのがベストなんだろう?って考えたことはありますか?

いつかは建てたいと思いながらも、なかなか決断ができずに時間が経ってしまったという方は結構多いと思います。

そこで今回は【家を建てるタイミング~知っておくべき4つのコト+α】と題してわかりやすくお伝えしたいと思います!

①お子様が幼稚園や小学校へ上がる前
②アパートなど賃貸契約の更新の時
③希望の土地が見つかった時
④貯金がたまった時+大切なこと

必ずしもこの時期に建てなくてはいけないというわけではありません。
いつでもマイホームを建てたい時が「建て時」であります。

しかし、家づくりは、土地探しやローン審査、プラン仕様の打ち合わせなど住宅会社と一緒にやらなくてはいけないことがたくさんあります。
建てたいと思ってすぐ考えるのではなくて事前事前の準備が多く必要ですので、そのあたりも考慮してご自分のタイミングを見つけてくたさいね!


①お子様が幼稚園や小学校に上がる前!

いつ頃、お家を建てたいですか?

「子供が幼稚園・小学校に入る前に・・・」

このタイミングで家づくりを考える方は多くいるのではないでしょうか。

家が完成した後の引き渡し時期について、3月が最も多い理由の1つ
お子さんの幼稚園や小学校上がるタイミングです。

やはりお子様のために家を建てようと考えるご家族が多く、落ち着いて生活ができる環境、
マイホームで新生活を始めさせてあげたいという親御さんの温かい想いが込められています。

たとえば、小学校3年生の時に引っ越したら、仲良くなったお友達と登下校ができなくなったり、もしかしたらその子と接点を持つ機会がなくなってしまう恐れもあります。
さらには転校を余儀なくされ、また一から友達を作り直したりする可能性もでてきてしまいますよね。

このような可能性は出来れば避けたいという方は入学前に家を建てるってことは抜群に良いタイミングです。

しかしながら一方で、転校や新たな友達探しは必要な経験とも考えることも出来ます。
必ず小学校に上がるタイミングで家を建てなくてはいけないというわけではないので、一つのきっかけとしてお考えください。

前もって動ける方におすすめのタイミングは
「小学校に上がる前の年中さんあたりに新居へ引っ越す」

そのまま友達と同じ小学校に行けるし、さらには保護者同士の関係も築けていたりと、心配事が減りますね。
また転居後の各種手続きと小学校入学準備が重ならないため、ゆとりをもって新生活を迎えられるというのもGOOD!

次回は<②アパートなど賃貸契約の更新の時>について解説します!

ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

2022年住宅のトレンドとは

中野市地域密着工務店ノリアホーム
スタッフ小林です(*^-^*)
3年ぶりに規制フリーのゴールデンウィークみなさまいかがお過ごしですか?
NORIA HOMEはG.Wも元気に活動中です!

さて、住宅やインテリアに興味のある方はご存じの方も多いかと思います
住まい暮らしのSNSアプリ「RoomClip」
今回はルームクリップが行ったアンケートをもとに
コロナ禍での住宅トレンドを見てみましょう!

img_1.png

2020年緊急事態宣言の発令にともなってステイホームを余儀なくされた中、生まれてきたトレンドキーワード「おうち〇〇」「庭・ベランダで過ごす」などがありました。

「おうち〇〇」でおうち時間を楽しみ外出制限を「庭・ベランダで過ごす」ことでまかない、また家事時間が増えたことで「巣ごもり家電」の買い増しや買いなおしが進んだ1年でした。

2021年になるとステイホーム・ニューノーマルな生活は定着して「映え」から「心地よさの重視」をする暮らしやすいという方向にトレンドが流れていきます。

家づくりでいくと「庭・ベランダのリビング化」が最もホットだったのではないでしょうか。

「映え」「〇〇インテリア」「〇〇風」といった「見た目をよくしていく」ということがトレンドといえたのは2017年ごろまでで、2018年以降は「〇〇のある暮らし」「自分スタイル」といったワードが上位にランクイン。
「心地よい暮らし」が2021年を象徴する言葉として選ばれ「花・植物のある暮らし」「季節を楽しむ」「お部屋を彩る香りアイテム」といった「心地よさ」に関連するキーワードがランクイン。

心身ともに健やかに豊かに生きるために何が必要なのかを見つめなおし「見た目」や「モノ」以外の要素から五感の心地よさを求める流れが生まれています。
「猫・犬と暮らす」キャットウォークやトイレスペースを確保するといった「〇〇と暮らす」というワードで広がっているようです。

マイホームで大切なもに囲まれながら「豊かに暮らす」

まさに理想といえる環境ですね。

みなさんの理想の暮らしとはどんなカタチですか?

時代の背景とともにご家族の想いや、お家での暮らし方が変化していく中で

ノリアホームはみなさまと一緒に「暮らしを豊かにする」家づくりに携われることをうれしく思います。


ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

こども工務店 無事に終わりました!

中野市地域密着工務店ノリアホーム
スタッフ小林です(*^-^*)

先週末に開催しました【こども工務店】無事に終了しました!

今月はキッズチェアづくりをしましたよ(*^-^*)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

S__2506758.jpg

釘をたたいて、椅子を組み立てて、色を塗りました

ちいさいお子様でも一緒に楽しく作業できていて

大変充実した時間でした!

来月も開催予定となっております!

みなさまのご参加お待ちしております★