注文住宅と規格住宅のちがいメリットデメリット

長野県中野市・長野市・須坂市・飯山市で新築・注文住宅の施工、監理・リフォーム・ リノベーションを行っているNORIA HOME(ノリアホーム)スタッフ小林です(*^-^*)

お家には〇〇住宅という感じでいろいろな買い方がありますよね。

よく聞く以下の住宅とは何か?
①注文住宅
②規格住宅
③建売住宅
メリットやデメリットも含めてご説明したいなと思います。

①注文住宅
注文住宅は住宅を自分好みに注文して建築する方法です。
オーダーメイドですね!

さらに「フルオーダー」と「セミオーダー」があります。
フルオーダーはゼロから作り上げる細部まで自由度が一番高い注文方法で、設計(間取り)から使う建具、仕様、設備などすべてにおいてお好みのものを指定できます。自由度が高い分、価格も上がります。
セミオーダーは設計(間取り)はご希望に沿って作り、建具や設備、細かい仕様などは施工会社が指定した中から選ぶ。(施工会社により違いがあります)
といったような感じで、フルオーダーよりもコストが抑えられるようになっています。

フルオーダーは設計事務所などに依頼する場合がほとんどで、ハウスメーカーや工務店などではセミオーダーが主流かと思います。

メリットは
・自分たちのこだわりや個性が活かされた唯一無二の住宅が手に入る。
・設計や建設工事など建築までの様子を見ることができる。
・こだわる部分とそうでない部分を明確にして費用を調整できる。

デメリットは
・建築費が高い、総建築費が明確になるまで時間がかかる
・打合せや工期などに時間が必要で初回から着工~引き渡しまで1年以上かかることがある
・実物を見学できないので完成イメージが描きづらい

あらかじめきちんと完成時期を想定して行動しましょう。
イメージをしっかりと提供、共有してくれる、信頼できる会社選びが大切かなと思います。


つづいて
②規格住宅
同じ形の外壁の色だけ違う、屋根の色が違うお家を見たことがありますか?
規格住宅はお家全体が規格化された住宅のことをいいます。
間取りはいくつかのパータンの中から選んで、外壁、建具、設備などお家に使う部材を指定された中から選びます。
設備についてはすでに指定されている場合もあります。
メリットは
・モデルハウスで実物を確認できる
・大量一括仕入れなどにより商材の価格が抑えられ建築費が低め
・打合せ回数が少なくて済む=着工が早い
デメリットは
・規格外のことには費用がかかる、または取り入れるのが難しい場合がある
・好きな間取りにできない

規格住宅で一番心配なことはアップグレード変更をしすぎて費用が高くなっていってしまうことです。
度を越えると価格が上がり注文住宅を選ぶことを進められる場合もあります。
基本的には規格外から採用することは難しいと取り決めているところがほとんどです。
あくまで規格住宅です。残念ながら注文住宅ほどの自由度はありません。


③建売住宅
建売住宅はすでに建築済みで売りにだされている住宅です。
今すぐ住みたい!という方にはもってこいです。
メリット
・実際に見て購入できる
・住宅ローンが簡潔
・土地も一緒に購入できる
デメリット
・基本的に間取りや仕様を変更できない

とても合理的に家と土地を購入できる方法です。住宅ローンや登記などの諸手続きも短くて済みます。
時間がない方、時間をかけたくない方、家にお金をあまりかけたくない方、におすすめです。

マイホームの計画はご家族それぞれ、人それぞれです。
正解も不正解もありません。
何を選ぶか、何を第一優先するかによって選ぶ住宅は変わってきます。
とてもこだわりのある方もいらっしゃれば、住めれば間取りは気にしない。という方もいらっしゃいます。
家を買って生活が厳しくなった。というのが一番悲しい結果です。
そうならないためにも、きちんとライフプランを見直して資金計画を立てた上で購入を検討しましょう。
みんなで幸せに暮らしていける箱がマイホームになります。


NORIAHOMEでは
高性能注文住宅(セミオーダー)連
注文住宅(セミオーダー)稟
規格住宅の花の3商品をご用意しています。
マイホームプランにお困りの場合はご相談くださいね。


ノリアホームは長野県中野市を拠点に地域密着工務店として創業49年を迎えました。
家は建てたら終わりではありません。ご家族と一緒に生きていきます。
ノリアホームは大切なマイホームをご家族とともに守っていける存在でありつづけたいと思います。
注文住宅・建て替え・リフォームなどお家のことならいつでもお気軽にご相談ください(^^)/

PageTop